自己PRと志望動機の作成がポイント!

日本の現状を表す大きなものとして高齢化社会がある。
そのような状況の中、介護職を求める需要が非常に近年強まっている。そのため、介護職の求人情報も多く出ているというわけだ。しかしながら、誰でも採用されるわけではない。転職を成功するためには、いろいろなポイントがある。特に、未経験からチャレンジするにはなおならそうだ。
まず志望動機を書くときには自分の気持ちだけを書き連ねるのではなく、応募する企業の魅力も含めること。

自分がやりたいことを貴社でできるんだという気持ちを前面に出すと評価が高い。その上で自分の経験がどのように活きるのかも書くといいだろう。
また、異業種からの転職であれば、なぜ介護業界を希望するのか、その理由もあわせて記載しておくと説得力が生まれる。志望動機以外には自己PRも重要だ。自己PRのときにはどのような仕事をしてどんな実績を残したのかを書くべきだ。

このときしばしば忘れがちになるのが数字を挙げて説明することだ。
自己PRと並んでよく聞かれることに長所の説明があるが、これも仕事上どのような経験をしてどのような能力が身についたのかという観点から話してみるといいだろう。採用担当者にとって魅力度がぐんと上がることは間違いない。もちろん、自己PRにおいても自分の経験が介護業界でどのように活きるかも含めているといい。
このように、応募するときの履歴書の工夫や面接でどのように話すかで転職の成功は決まる。しっかりと対策や準備をした上で応募すると高い確率で採用されるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です