介護業界で転職活動を始める前に

介護業界において転職を成功させたい場合は、転職希望先を考えると共に「求められるであろうスキル・資格」あるいは「実現したい目標」を意識すると良いだろう。
介護業界では人手不足に陥っている企業・職場も少なくなく、まずは待遇や勤務条件などから検討してしまいがちだが、条件の良い職場は当然ながら倍率も高くなってしまう。
無理なく成功するためには、業界分析やキャリアプランの練り直しなどから始めると良いだろう。

例えば、数年後には役職者(リーダー・マネージャー)となりたいのか、あるいは、自分の体に負担なく仕事に従事したいのか、それともこれまでの経験やキャリアを活かして即座に最大限働きたいのか、それぞれによって求められる人材像が全く異なっている。
自分の考えをあやふやにしたままでは、転職に成功したとしても、自分と職場のミスマッチが起きてしまい、結局は離職せざるを得なくなる可能性も高くなる。

プランを立てる場合は、例えば「まずは仕事に就くことが最優先、次に子育てがひと段落ついた頃に沢山働きたい」といった具合でもよく、具体的な年数などが無かったとしても、最終的な目標があるだけ、何をすべきかが明白になるだろう。
特に介護業界において何らかの有資格者を志す場合、「実務経験」などが資格要件となっているケースも珍しくない。後になって「ああすればよかった」と、大きな後悔をしないためにも転職を成功させるには!?から転職成功の秘訣や失敗例を学び、自分の目標や方向性を決めておくことがおすすめだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です