転職で天職を掴む可能性もある

介護や福祉の現場の人材不足は、新聞やテレビでもよく報道されている。
少子高齢化の進行などから、福祉・介護ニーズが増大し、多様化する一方で、「仕事がきつい、給料が安い」といった厳しい労働条件で辞める人も多のが現状だ。福祉・介護分野のマイナスイメージなどから、人材不足であることは確かであるが、逆に考えれば、それだけ転職する大きなチャンスがあるといえる。安易な考えで転職をしても難しいが、介護・福祉分野を良く研究することで人生の転換を向かえることも可能といえる。

転職を成功するためには、求められている人材がどのようなものなのかを知ることが第一だ。
20歳前後で社会人として一般企業に就職した分野とは、まったく違うことを認識する必要がある。これは、一般の事務職や営業職では成功できなかった人でも、福祉分野で成功できる可能性は大いにあるのだ。もしかすると、福祉分野が天職であったのかもしれない。

介護・福祉分野の基本は「豊かな人間性」にある。
営業職で同僚と競争をしたり、他を出し抜いて出世を勝ち取るといった世界とは別物なのだ。一人の専門職として、利用者の基本的人権を擁護し、住み慣れた地域で心豊かな暮らしや老後が送れるように支援をする仕事である。
この支援にあたっては、利用者本位の立場から自己決定を最大限尊重して、利用者の自立に向けた介護サービスを、医療・保健その他の関連する専門職と連携して「提供する能力」が、求められている人材なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です